沿革

昭和30年3月10日 旭川市4条9丁目右4号に資本金120万円にて旭川度量衡機株式会社として創立
さし、ます、はかりの販売、修理事業を開始する。
昭和33年 資本金200万円に増資
昭和40年 資本金300万円に増資
昭和46年 資本金600万円に増資
昭和47年 本社を旭川市流通団地2条4丁目に新築移転する
昭和48年 社名を現在の旭川計量機株式会社と変更する
昭和50年 資本金880万円に増資
昭和55年 はかりの製造事業を開始する。計量機製造事業登録(質量計第3類)をする。
平成4年 大型はかり工場新築、事務所、倉庫、工場の増改築をする。
平成6年 茶木豊治会長通産大臣計量関係貢献賞受賞
平成8年 資本金1000万円に増資
平成11年 帯広営業所、札幌営業所開設
平成15年 札幌営業所新築移転する
株式会社三協社札幌店の業務を継承する
平成16年 札幌営業所を札幌支店に昇格する
有限会社北海道計量器販売の業務を継承する
システム技術部の設置
平成17年 本社IT化に向け改築。ホームページ開設
平成18年 拠点間LANネット構築。茶木拓治社長経済産業大臣表彰。
平成26年 営業部門の機種別、業種別チーム化により専門性の向上をはかる
平成28年 帯広営業所を帯広市東4条南13丁目に新築移転する